大阪は桜の名所は造幣局の桜の通り抜け!動画付きで紹介します!

01.152015

この記事は3分で読めます

寒い季節が続いていますが、皆さん体調など崩されてはいませんでしょうか?
私はとても寒がりなので、温かい季節の到来が待ち遠しいです。

 

突然ですが、温かい季節といえばなんの季節を思い浮かますか?

私はズバリ、「春」だと思います。

春といえば、「桜」
桜といえば、「お花見」ですよね。

 

毎年お仕事や家事、学業でお時間がないという方、
毎年桜の季節はゆっくりお花見でも・・・なんて考えたりしていませんか?

 

そこで、私がオススメしている桜が綺麗なスポットを大公開しちゃいます!

スポンサーリンク

それは桜お通り抜け
皆さんはご存知でしょうか?

 

桜の通り抜けとは、大阪市北区の独立行政法人造幣局の開催で、
毎年多くの観光客で賑わう関西屈指のお花見スポットです。

 

 

造幣局南門(天満橋側)から北門(桜宮橋側)までの約560m、一方通行で壮大な桜の木々の間を歩きます。
こんなショーも楽しめたりします。歴女にはたまらん!

 

例年総来場数は約30万から100万人、
その桜の本数なんと約350本(品種は150種類以上)!

 

まさに名前の通り「桜の通り抜け」です。

 

私は以前旅行会社のツアーで参加したのですが、
造幣局の外観と桜の雰囲気が絶妙にマッチしていて、
現代とのギャップすらも感じさせてくれるとても素晴らしい経験になりました。

 

私が行った時期はまだ少し肌寒かったのですが、
そんなことが全く気にならないぐらい風が本当に気持ち良い!
まさに優しい春の風って感じで、今でもあの爽やかな肌触りは忘れることができないです。

 

毎年1月から3月頃までの間に、色々な旅行会社がお花見特集でピックアップもしています。
せっかくならお酒も・・・という方もいらっしゃるでしょう。
その方はそういったツアーも視野に含めて是非ご検討ください!

 

ただ、じつはここで注意しなければならないことがあるんです。

スポンサーリンク

造幣局の桜の通り抜けに関する注意事項

注意したい事、それは

①期間限定であること。
②公開期間が短い。(1週間)
③情報公開もギリギリ。(4月の半ば開催で3月中旬以降)

ということです。

 

何も考えなしにフラッと行ってみたものの、
やってない!(というかは入れない!)そんなことも十分あり得ます。

 

そこで!

私なりにではありますが、
造幣局が公開しているデータを元に、公開される時期、公開する期間をまとめてみました!

images

造幣局の桜の通り抜け期間

まず、毎年の情報公開は3月の中旬からとなっています。

 

3月の2週目から3週目の間に公開されることが多いようなので、
大体ここぐらいから造幣局のホームページをチェックしてみると良いでしょう。

 

そして、肝心の公開期間ですが、
過去平成3年から直近平成26年までの間の公開初日は4月5日から4月18日。

 

 

それに合わせて公開最終日は4月11日から4月24日でした。

 

毎年公開初日が月曜日になることはありませんでしたので、今年も公開初日が月曜日になることは低いと考えてよさそうです。

 

大胆予想!
このことから、毎年の公開期間が重なる4月11日から4月18日付近で予定を立てられると
上手い具合に行けるんじゃないでしょうか?

過去20年以上その期間は必ず開催されていますので、参考になるとは思います!

 

「お花見なら近場で十分」
そうお思いの方ももちろんいらっしゃると思います。私もそうでしたから。

ですが、1回行ったらハマりますよ!
ちょっとした小旅行気分で、しかもお花見の為に1日をゆっくりと使う。

なんと贅沢なお花見でしょう。

 

なんと言っても、たくさんの桜木の下を歩きながら造幣局の佇まいを眺め、
春の風を体いっぱいに感じれば、日頃のストレスも吹き飛んでしまいそうです!

 

ちなみに、夜の9時まで開催されているのですが、
なんと日没後にはぼんぼり等でライトアップをしています!

images-2

私が行ったのは昼間だけでしたので、次回は是非夜の「桜の通り抜け」も行ってみたいと思います。

 

今年のお花見、ちょっと贅沢に過ごしてみませんか?

スポンサーリンク
「子供のやりたい事は出来るだけ何でもやらせてあげたい」とお思いですか?

もしそう思うのでしたら管理人のプロフィールをお読みください。

・時間にも心にも生活にもゆとりを持って大切な家族と一緒に過ごす方法

・未来の子供の選択肢を何百倍にもする方法

・現在の収入を毎月10〜50万円以上増やす方法

などを分かりやすくお伝えします。 

学校で教わることも大切ですが、大事なのは生きた知恵です。

プロフィール

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

「子供のやりたい事は出来るだけ何でもやらせてあげたい」とお思いですか?

もしそう思うのでしたら管理人のプロフィールをお読みください。

・時間にも心にも生活にもゆとりを持って大切な家族と一緒に過ごす方法

・未来の子供の選択肢を何百倍にもする方法

・現在の収入を毎月10〜50万円以上増やす方法

などを分かりやすくお伝えします。 

学校で教わることも大切ですが、大事なのは生きた知恵です。

プロフィール