母乳で痩せる方法!私は2ヶ月で−20Kg!

02.172015

この記事は3分で読めます

妊娠中から、あるいは産後からとても気になる体重増加とダイエット!
母乳をあげると痩せる!なんて、耳にした事はありませんか?

これからこの内容についてお話していきます!

 

私4度も出産を経験しました。
私の場合は、食べづわりで 妊娠中食べないと具合が悪くなり、
四六時中ずっと何かを口にしないとやっていけない状態でした。

そんなこんなで、気付けば20キロも太りどこもかしこもパンパンな状態でした(焦)

 

そんな時、母に言われた、
「母乳をやっていれば痩せるから、しっかりあげなさい。
私の周りもみんなあげてたら痩せたって言ってたよ!実際私も元より5キロ痩せたし!」
なんて言葉を信じ母乳をあげダイエットに成功!

20キロも太ったのに二カ月で元通り!

ジーパンのサイズも元に戻り、夢の様でした♪

097758

これは嘘のような本当の話です!

私の経験とリサーチを元に、
母乳、又は混合、搾乳で授乳しているお母様達に
痩せるためのお役立ち情報をまとめてみました!

スポンサーリンク

母乳で痩せる方法!

まずはポイントです。

効率よく痩せるチャンスは産後6か月まで
食べる量、時間、間食をしなければ必ず痩せます。
出来れば水分も普段より多めにとる事をお勧めします。

 

これは母乳で水分を奪われ脱水症状を防ぐのと同時に、
水分補給すると自然とトイレに行く回数も増え毒素を出せるからです。

気を付けるポイントさえ守れば痩せれます。


産後のダイエットで気をつけるポイント!

ダイエットを始めるのは産後1カ月後。
必ず病院で一か月検診を受診し、OKが出てからにしましょう。
健康が第一ですからね。

 

それにしても、なぜ出産後だと体重が落ちやすいのでしょうか?

次はその辺りを解説します。

 

授乳中に痩せやすいのはなぜ?

017319

授乳中にやせやすいのは、脂肪の特徴に理由があります。

実は妊娠中に付いた脂肪は流動性で
普段つく脂肪より落ちやすい性質を持っているのです。

 

逆にこのチャンスを逃がすと
流動性の脂肪も落ちにくくとてもやっかいな脂肪に変わってしまいます。

産後6か月までがチャンスです!

 

完全母乳と混合母乳、どっちが痩せる?

母乳を飲ませているから痩せるとか、
混合(母乳と粉ミルク)だから痩せない!なんて事はありません。

ですが、どちらが痩せやすいか聞かれると勿論完全母乳の方です。

 

理由は簡単で、完全母乳の方はその分かなりカロリーを消費されますが、
混合は、は完全母乳の方に比べるとカロリー消費は少ないからです。

 

何故なら、授乳回数が完全母乳の方に比べ授乳回数は約半分しかない位だからです。
ただ、カロリーを消費していても、規則正しい生活、間食は気をつけて下さい。

夕食の時間も19時頃までに終わらせるとOKです。

113032

ちなみに、搾乳して飲ませている方は一番カロリー消費していないと考えられます。
それは、直接与えている方が飲む量が多く、出ていく量がちがってくるからです。

 

個人差があると言えば基礎代謝です。
痩せるためにはかなり重要なポイントです。

スポンサーリンク

基礎代謝の重要性と計算方法

基礎代謝は忘れるわけに生きません。
基礎代謝が高い=消費エネルギーが多い事になります。

・・・と言う事は、基礎代謝もかなり重要になってきます。
これも一人一人基礎代謝量が違うので計算方法を載せておきます。

 

女性の場合:【665+9.6×体重{kg}+1.7×身長{cm}-7.0×年齢】です。

 

25歳で体重50Kg、身長165cmの女性の場合、

665+9.6×50=1145
1.7×165−7×25=105.5

これらを足して、1145+105.5=1250.5

が、基礎代謝となります。

基礎代謝が低い方は、摂取カロリーに注意しましょう。

096917

これで−20Kg出来ると思います。
授乳中は本当に驚くほど痩せますよ!
ビックリします。

では、母乳で-20キロする方法のおさらいをしましょう。

 

母乳で-20キロする方法のおさらい

では今回の記事のおさらいです。
ポイントは以下の通りでした。

  1. 産後1カ月は無理をしない。
  2. 産後6か月までが痩せやすい
  3. ご飯の量、時間には気を付ける
  4. 水分は多めに(約2ℓをお勧めすると産婦人科では言われました)
  5. 基礎代謝をあげる

この5項目に気を付け無理のない産後ダイエットを目指しましょう。

私は今、4人目を生んで産後4カ月です。
旦那にも見る度にため息を疲れイライラ中です!

 

ダイエットをお医者さんに止められていたので出来ませんでしたが、
先日、ようやく許可が下りました。

後少ししかありませんが
「この記事を書きながら一緒に頑張ってくれるお母様方が必ずいる!」
と思いながら残りの時間をダイエットについやしていきます!

 

2ヶ月で−20kg、もう一度やったります!

あの頃は・・・なんて言わずに、諦めず元の体系に一緒に戻りましょう!

母乳(搾乳)の量を増やす秘訣はこちらの記事で解説しました。
いっぱい出して、いっぱい体重減らしましょう!

スポンサーリンク
「子供のやりたい事は出来るだけ何でもやらせてあげたい」とお思いですか?

もしそう思うのでしたら管理人のプロフィールをお読みください。

・時間にも心にも生活にもゆとりを持って大切な家族と一緒に過ごす方法

・未来の子供の選択肢を何百倍にもする方法

・現在の収入を毎月10〜50万円以上増やす方法

などを分かりやすくお伝えします。 

学校で教わることも大切ですが、大事なのは生きた知恵です。

プロフィール

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

「子供のやりたい事は出来るだけ何でもやらせてあげたい」とお思いですか?

もしそう思うのでしたら管理人のプロフィールをお読みください。

・時間にも心にも生活にもゆとりを持って大切な家族と一緒に過ごす方法

・未来の子供の選択肢を何百倍にもする方法

・現在の収入を毎月10〜50万円以上増やす方法

などを分かりやすくお伝えします。 

学校で教わることも大切ですが、大事なのは生きた知恵です。

プロフィール