搾乳の量を増やす方法!現役ママの経験からお知らせ!

02.192015

この記事は3分で読めます

母乳育児をしたくても、ママの外出などで母乳をあげることができない時がありますよね。
でも母乳は、あげなくなると出る量が減っていってしまいます。

私の場合は赤ちゃんが乳頭混乱になり、
母乳を吸ってもらえなくなった時期がありました。

 

しかし『搾乳』でそれを乗り越え、完全母乳で育てることができました!

毎回授乳するのが難しい理由は人それぞれですが、
搾乳が必要なママ達のために、
搾乳量の増やし方2つの搾乳方法のメリットとデメリットについて、
体験を交えてお伝えしたいと思います。

母乳育児をしようと思っているママは、よかったら参考にしてみてください♪

スポンサーリンク

搾乳量を増やす方法とは?

母乳を増量するにはとにかく母乳を出す事です。

ポイントは、搾乳一回の母乳量よりも回数です。

直接授乳が出来ない場合は3時間ごとに搾乳して、
母乳が足りてない、もっと必要だ!
と、思わせるのです!

出来れば赤ちゃんにすってもらうのが一番ですが、
それが出来なければ、搾乳回数を意識してみて下さい。

 

3時間毎に搾乳するのはとても大変でしたが、
これを一か月続けることにより私は効果を実感できました。

 

さらに、ベテラン助産師さんに教わった母乳増量方法は、

*食事→毎食ご飯を2膳食べる。
*水分→一日2,000ml摂る。(ハーブティーを勧められました。)
*睡眠→赤ちゃんと一緒に昼寝する。
*休息→育児の悩みは相談し、家事は手抜きする。

です。

103140

【家事は手抜きする】はとても魅力的じゃないですか?(笑)
寝不足がちな育児期、子どものためだと旦那さんに家事を手伝ってもらっている私です。

 

ところで、搾乳するには搾乳機を使う方法と、手絞りがあります。
これらのメリットとデメリットはそれぞれ何があるのでしょうか?

 

搾乳機と手絞りのメリットとデメリット

搾乳機の場合は?

搾乳機による方法のメリットは、何と言っても手軽に絞れる事でしょう。
保存がしやすいのもメリットの一つです。

しかし機械なので人によっては合わない場合もあります。
少し痛みを感じる方もいるかもしれませんね。

 

母乳が出て来る乳腺には太いものと細い物があるのですが、
搾乳機は基本的に太い乳腺から母乳を絞るので、
細い乳腺をいためてしまう事もあります。

 

使用後は当然キレイにしなければ行けませんが、
搾乳の度に洗って消毒するのも面倒です。
洗い物が好きな方は良いですが、
寝不足が続いているときは少し大変かもしれません。

048444

手絞り搾乳によるメリットとデメリット

手絞りのメリットは何と言っても道具がいらない事でしょう。
なので外出先でも搾乳出来ます。

 

更に、搾乳機だと太い乳腺がメインになってしまうと書きましたが、
手絞りなら細い乳腺からも自然に母乳を絞れます。
もちろん乳腺を痛める心配もありませんね。

ただ、コツをつかむまでは母乳を思い通りに絞るのに苦労するかもしれません。
なので結構時間もかかるし手もつかれます。

 

私の場合は両方の搾乳方法を試した結果、手絞りをメインにしていました。

それぞれのメリット・デメリットを考慮し、自分に合った搾乳方法を選んでください♪

 

大事な赤ちゃんのために上手な方法で搾乳量を増やしていきたいですね。

そのために、もう一度今回の復習をしていきましょう!

 

スポンサーリンク

搾乳量を増やすポイントまとめ

096922

母乳増量のポイントをまとめてみます。

  1. 搾乳→手絞りで3時間ごとに行う。
  2. 食事→毎食ご飯を2膳食べる。
  3. 水分→一日2,000ml摂る。
  4. 睡眠→赤ちゃんと一緒に昼寝する。
  5. 休息→育児の悩みは相談し、家事は手抜きする。

です。

 

私の場合は赤ちゃんが乳頭混乱でしたので、
上記のポイントとともに赤ちゃんに直接母乳を吸ってもらう練習を根気強く続けました。

生後間もなく乳頭混乱になり、一か月ほどは赤ちゃんに母乳を直接吸ってもらえず、
その後一か月で徐々に吸ってもらえるようになった状況でした。

 

しかし搾乳を続けたおかげで、最終的には完全母乳で育てることができ、
もうすぐ母乳卒業の日を迎えます。

さみしいですが、最後の日までいっぱい飲んでもらいたいと思います!

 

ちなみに妊娠で増えた体重は既に元通りになってます!
母乳はかなりカロリーを消費しますからね。

6ヶ月がタイムリミットですよ〜!
早くこちらの記事で産後の母乳ダイエット法を確認してみて下さい。

スポンサーリンク
「子供のやりたい事は出来るだけ何でもやらせてあげたい」とお思いですか?

もしそう思うのでしたら管理人のプロフィールをお読みください。

・時間にも心にも生活にもゆとりを持って大切な家族と一緒に過ごす方法

・未来の子供の選択肢を何百倍にもする方法

・現在の収入を毎月10〜50万円以上増やす方法

などを分かりやすくお伝えします。 

学校で教わることも大切ですが、大事なのは生きた知恵です。

プロフィール

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

「子供のやりたい事は出来るだけ何でもやらせてあげたい」とお思いですか?

もしそう思うのでしたら管理人のプロフィールをお読みください。

・時間にも心にも生活にもゆとりを持って大切な家族と一緒に過ごす方法

・未来の子供の選択肢を何百倍にもする方法

・現在の収入を毎月10〜50万円以上増やす方法

などを分かりやすくお伝えします。 

学校で教わることも大切ですが、大事なのは生きた知恵です。

プロフィール