イヤイヤ期の対応法!食事をしっかりとらせるには?

03.012015

この記事は3分で読めます

これもいやー!あれもいやー!ぜーんぶイヤー!!!!
これ、以前の我が子の事です(焦)

ママ:○○ちゃん(君)これ食べよー。

子供:イヤー。

ママ:おいしいよー

子供:イヤー。

「もー!何が原因なの?」
「この子が好きなもの作ったのになぜ?」
「料理がまずいの?」

私は頭を抱え、何度も食べさせようとしますが断られしまいには自分がイライラ。
落ち着いて落ち着いてと自分に言い聞かせもう一度試みるも「イヤー。」の一点張り。

 

イヤイヤ期の食事はとても大変です。

きっと同じ思いのママ達がたくさんいると思い
私自身が悩んでたどり着いたイヤイヤ期に食事の食べさせ方についてお教えします。
子育てはこのくらい ↓ の余裕で挑みましょう。

本当にこのくらいの余裕がちょうどいいです。

私は四人の子供を育てています。
これからイヤイヤ期の対処法をお伝えしますので、
よろしければ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

イヤイヤ期の食事対処法!

イヤイヤ言っているからと言ってそのままにしておくわけにはいけません。
栄養面でも食べてもらわない事にはやはり困ってしまいますよね?

私が導きだした最も効果的な対処法、
それは言葉のかけ方です。

 

きっとこの記事を読んでいるママ達は

「早く食べなさい」

「もう○○ちゃん(君)にはあげない。」

「食べないなら知らない」

なんて内容で声をかけたりしていませんか?
これは間違いです。

きっとママ達も気付いてはいるもののイライラに負けて
ついついこんな言葉を投げかけているのだと思います。

かつては私もそうでした。分かってはいるんですよね・・・。

 

でも、イヤイヤ中は子供に問いかけてみるのが一番です。

 

例えば、ハンバーグを食べる時なら、

089128

ママ:「食べようか!」

子供:「イヤー。」

ママ:「このハンバーグにお顔書いてみよっかなー?○○ちゃん(君)は何がいい?」

子供:「イヤー。いらなーい。」

ママ:「じゃあ、ママが食べちゃうけどいい?あーん。」

と口に持っていくとたいていお子さんは「ダメー!」と言うはずです。

 

ここがチャンスで、
そのままお子さんの口へ「あーん。」と持っていくと
何故か口に入れてくれます。

 

この際の注意点は、ママが本当に食べない事ですよ(笑)
子供は本当に食べたくない訳ではないので食べると大泣きします。

私は何度失敗して食べさせるのに余計苦労したか・・・。

 

ですが、お子さんが「食べていいよ」と言ってくれた際は別です。
これはまた食べないと怒るんですねー。(焦)

面倒ですがそこは言われたとうりに食べ
「おいしー!ママ上手に作れたかも!ちょっと食べてみて!」
なんて声をかけてみて下さい。

 

絵を書いてあげる事で喜んで食べる子も勿論いますし、
簡単なキャラ弁みたいにしてみるのもありです。

本当に簡単でいいんです。

127461

ハンバーグならケチャップで顔を書く。
ご飯にはのりをはさみで切って模様をつけてあげる。
にんじんは丸く薄切りにしてクッキーの型抜きなどで何かの形にしてあげる。

これだけでもお子さんは喜びます。

 

お弁当箱に詰め、巾着にいれて渡してもすごく喜びます。

 

これらの方法は私の子に試した実践法です。
三人中三人見事にこの方法で食べてくれるようになりました!
(四人目はまだ乳幼児です)

 

簡単に言うと、気を紛らわせば上手くいきます。
絵や問いかけなどで気を紛らわせて、
食べるのが嫌なら食べたくなるように仕向けるのです。

体力は使いますが、考えを変えるだけで気持ちまでガラッと変わりますよ。

 

ところでこのイヤイヤ期、
理由を知っていれば対処法は色々見えてきます。

では次で一緒に学んでいきましょう。

スポンサーリンク

子供がイヤイヤ期になる理由

子供が今までモグモグいっぱい食べていたのに、
急に「イヤー!」となるのはイヤイヤ期では珍しくありません。

 

なぜ急に嫌になると思いますか?

答えは『単なる自己主張』です。
子供たちは本当に嫌ではないんです。
(ここは重要です。)

 

よく言えば『自己主要出来るようになった』という事です!
こんなに成長したんだなーと喜ぶべき所なんですよ^^

 

イヤイヤ期は「第一次反抗期」とも言われています。
大事な自己主張の時期で、だいたい1歳~3歳位までです。

長く感じるかもしれませんがお子様によって期間が違うので
頑張って向き合ってみて下さい。
育児ノイローゼになる前に、こちらの動画をご覧下さい。

どうしてもうまくいかない時は
市の相談室などもあるので相談されてみるのもいいと思います。

 

ママ自身も優しいママでいたいですよね。

 

 

これでイヤイヤ期は乗り越えやすくなるはずです。
では一度イヤイヤ期の対処法をおさらいしましょう。

イヤイヤ期の対処法〜まとめ〜

イヤイヤ期の基本は、ママがイライラしない事です。
それから、

  • 食べさせ方に工夫をする。(絵を描いたり、問いかけたりですね。)
  • イヤイヤ期は1歳~3歳前後までで、これは単なる自己主張

この点を頭に入れ、イヤイヤ期を過ごしましょう。

イヤイヤ

私もイヤイヤ期にはほんとに頭を悩ませました。

子供に当たるわけにはいきません。

 

ですが、イヤイヤが続くと
「もーやけだ!あたしも子供になってやる!」と
何故か一緒に手掴みで食べてみたり・・・(泣)

晩御飯をお弁当に詰めて
いつもと違う部屋で食べてみたりいっぱい工夫しました。

 

そんなバカみたいな事でも子供も笑顔になるし
何より自分の心に余裕ができた事にびっくりしました。

たまには馬鹿になって子供の目線で食べてみるのもいいものですよ^^

手づかみも・・・良いかもしれません。
(旦那さんに見られないように。笑)

 

イヤイヤ期は大変ですね。
この時期こそ叱り方が鍛えられます。

子供の上手な叱り方はこちらの記事で詳しく解説したので、
参考にされてみて下さい♪

スポンサーリンク
「子供のやりたい事は出来るだけ何でもやらせてあげたい」とお思いですか?

もしそう思うのでしたら管理人のプロフィールをお読みください。

・時間にも心にも生活にもゆとりを持って大切な家族と一緒に過ごす方法

・未来の子供の選択肢を何百倍にもする方法

・現在の収入を毎月10〜50万円以上増やす方法

などを分かりやすくお伝えします。 

学校で教わることも大切ですが、大事なのは生きた知恵です。

プロフィール

関連記事

コメント

「子供のやりたい事は出来るだけ何でもやらせてあげたい」とお思いですか?

もしそう思うのでしたら管理人のプロフィールをお読みください。

・時間にも心にも生活にもゆとりを持って大切な家族と一緒に過ごす方法

・未来の子供の選択肢を何百倍にもする方法

・現在の収入を毎月10〜50万円以上増やす方法

などを分かりやすくお伝えします。 

学校で教わることも大切ですが、大事なのは生きた知恵です。

プロフィール