女性の旅行の持ち物と収納テクニック!かさばらずに行こう!

04.012015

この記事は4分で読めます

女性の旅行、今まで何度失敗したでしょうか・・。

返ってきたら黒人のようになっていた事もありました。

 

アジアに行ったときは水が合わなかったせいで常に下痢状態。
トイレに行っても紙は無い・・・。

 

あるのは水桶だけ(笑)

 

困りました。

 

地図で見たときはそんなに遠く感じなかった場所も
バスで移動すると7時間・・・

 

しかも山道・・。

 

 

車酔いで目眩がしました。

「いっその事吐いてお詫びをした方が楽じゃないか。」
そう何度も思ったものです。

 

こんな風に失敗しない為に、
私の経験を元に女性の旅行に必要な物をご紹介しますので是非参考にされてみて下さい。

 

それでは早速行ってみましょう!

スポンサーリンク

最低限持っていきたい持ち物リスト★

 

ビニール袋数枚

私はいつもスーパーの袋を入れています。

これは旅行慣れしている母から習ったのですが、
旅行先での突然の雨・・服や靴が濡れてしまいますよね。

 

そんな時にビニール袋があると、
雨で濡れてしまった服や靴を取り敢えずしまっておくのに便利でした。

 

あと家に帰るまで着終わった服をこの袋に入れて分けておくと
カバンがあまり汚れませんよ。

 

普段使っている衛生用品・基礎化粧品

これは女性ならではの持ち物ですよね。

 

ホテルにある化粧水を使うと、肌に合わない成分などが含まれている場合があります。

目の周りがジンジンしたり、赤く腫れてしまったり・・・。

 

これではせっかくの旅行が悲しい思いでになってしまいます。

家に帰って皆に見せる写真は、
肌荒れの自分ばかり・・。

 

そうならない為には普段使い慣れた化粧品が一番です。

 

大きいものは旅行先で使いにくいので、
私は百均で小さい容器を用意して小分けにしています。

125418

 

着替え

着替えは旅行でも服は買えるので、荷物がかさばるようなら
下着などはちょっと一枚余分に入れておく程度でいいでしょう。

 

生理用品

特に必要性を感じなくても、旅先では体がどんな反応をするか分かりません。

気候の変化が体のホルモンバランスに影響をしたり
色んな可能性が考えられます。

 

なので何が起こってもいいように予備として数枚用意しておくと安心ですね♪

 

防寒具

簡単な上着一枚でもあると全然違います。

私は夏の旅行で、暑いから防寒具は必要ないと思っていたのですが
移動のバスや飛行機、ホテルのクーラーが効きすぎて風邪をひきました。

 

南国の国でも標高が高い所は普通に寒いので防寒着は必須ですよ♪

 

この動画の方も色々語ってますね〜☆

 

 

日焼け対策

旅行先で屋内に入りっぱなし…という事はまずないので、
屋外の観光などでも大丈夫なようにご自身が必要な日焼け対策は必須ですね。

 

私は以前オーストラリアのケアンズに旅行にいったんですが、
日焼け対策を全くせず、太陽に焼かれるままに焼いていたら
その時出来た水着の後が2年も消えませんでした。
オゾン層とかも関係あるのでしょうか?
とにかくず〜っと跡が残ってました。

 

もちろん徐々に薄くはなっていったのですが、
これはもはや火傷!といったレベルでしたよ。

 

今思えばその2年間は顔も黒かったです。

 

日焼け止めは顔だけではなく、日に当たる所全てに塗りましょう!

 

これおすすめです♪

 

スポンサーリンク

メガネやコンタクトレンズ

必要な方は準備しましょう。

 

コンタクトレンズの場合は保存液や洗浄液も必須。
小さい容器の保存液や洗浄液があるなら、その方が持ち運びに便利です。

 

コンタクトレンズの人は予備のメガネも持っていったほうがいいです!

旅先では結構なくすことが多くて、私はそのせいでせっかくの観光が
あまり見えない状態で全然楽しめなかった事がありました。

 

常備薬

旅行先の食べ物が合わなくてお腹を壊したり、
環境の変化で風邪をひくこともあります。

 

これは本当によくある事なんです。

病院に行きたくなければ風邪薬、下痢の薬はもっていきましょう。

 

飲みなれている薬を持参したいですね。
車酔いする人は乗り物酔い薬も必須です。

 

海外のバスの中で嘔吐・・どんな空気になってしまうのか・・・。
想像しただけで吐きそうです。(笑)

 

 

ハンガー

洋服掛けももちろんですが、例えば濡れたタオルなどをかけておくにも便利です。

滞在先にあれば良いですが、
安いホテルだと無い場合もあります。

 

折りたたみ式のハンガーも売っていますのよ。

ここまで大丈夫そうですか?

 

必要な物を用意出来たら、後はコンパクトにまとめるテクニックですね。
これが重要なんです。

 

だって荷物は出来るだけかさばらせたくないじゃないですか?

 

大丈夫です。

荷物をコンパクトにまとめるテクニック動画を発見しましたのでご参照ください。

では、楽しい女性の旅行にする為に今回お伝えした持ち物をおさらいしておきましょう♪

 

 

女性の旅行に必要な持ち物〜まとめ〜

今回お伝えした持ち物は、

  • ビニール袋数枚
  • 普段使っている衛生用品・基礎化粧品
  • 着替え
  • 生理用品
  • 防寒具
  • 日焼け対策
  • メガネやコンタクトレンズ
  • タオル・ハンカチ・ティッシュ
  • 常備薬
  • ハンガー

でした。

 

化粧品は書きませんでしたが、女性なら必須ですよね♪

しっかり持っていきましょう!

136652

私は必要な物を持って行かなかったときの失敗から心配性になってしまって
荷物を余計に持ちすぎるようになってしまいました。

 

でも、荷物を多く入れすぎるのも格好悪いですしね (苦笑)

やっぱり必要なものを必要なだけ入れる方がいいですよね。

 

私の失敗を反面教師に、皆さんが旅先で困らずに
楽しむことができればとても嬉しいです。

 

あとは、重くなりすぎない程度に
旅行で楽しめるグッズを用意するといいですよ♪

 

ところで、海外旅行に行くならESTAの申請はやっておきましょう。
代行業者に頼むと費用がかさみますが、
自分でやればたったの$14で出来ます。

 

しかもたったの10分で終了!

 

やり方は簡単です。

こちらの記事に詳しく書きましたので参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク
「子供のやりたい事は出来るだけ何でもやらせてあげたい」とお思いですか?

もしそう思うのでしたら管理人のプロフィールをお読みください。

・時間にも心にも生活にもゆとりを持って大切な家族と一緒に過ごす方法

・未来の子供の選択肢を何百倍にもする方法

・現在の収入を毎月10〜50万円以上増やす方法

などを分かりやすくお伝えします。 

学校で教わることも大切ですが、大事なのは生きた知恵です。

プロフィール

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

「子供のやりたい事は出来るだけ何でもやらせてあげたい」とお思いですか?

もしそう思うのでしたら管理人のプロフィールをお読みください。

・時間にも心にも生活にもゆとりを持って大切な家族と一緒に過ごす方法

・未来の子供の選択肢を何百倍にもする方法

・現在の収入を毎月10〜50万円以上増やす方法

などを分かりやすくお伝えします。 

学校で教わることも大切ですが、大事なのは生きた知恵です。

プロフィール