赤ちゃんの部屋作り!マットやインテリアや収納は?

03.032016

この記事は2分で読めます

初めての赤ちゃんを迎えるお母さんにとっては日々活発になってくる胎動が
「ママ、早く私(僕)のお部屋の用意してね」という赤ちゃんのメッセージに思えるかもしれませんね。

 

そうは言ってもどんなお部屋作りをしたらいいか?
迷っているプレママの少しでもお役に立てれたらと思いいくつかポイントをご紹介したいと思います^^

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋作り!

赤ちゃんのお部屋は赤ちゃんが快適に過ごせる場所だけでなくママが気持ちよく赤ちゃんのお世話ができる空間でもなければいけません。

 

そこで、赤ちゃんの生活リズムを考えてお部屋作りをしましょう。
できることなら空調の整ったお部屋がいいですね。

 

赤ちゃんはどちらかというと暑い方が苦手。
あせもだらけになって、機嫌が悪くなる事態は防ぎたいものです。

 

反対に冬場の乾燥には加湿器を置くのが良いでしょう。
ママの美容と風邪予防にも効果が期待できますからね。

 

この時期、ママの体調管理は大切ですよー。
ベビーベッドは、夜のねんね場所にして日中はママが一番多くいる部屋にクーハンやラックを置いていつでもママの目が届くようにするといいでしょう。

こちらの動画も参考にされてみてください。

次はマットについてお話ししましょう。

赤ちゃんの部屋作り!マットはどうしたらいい?

赤ちゃんが日中過ごす時、クーハンやラックで間に合わなくなったらお部屋の一角にマットを敷いて赤ちゃんコーナーを作りましょう。

クッションが効き、水洗いできるジョイントマットは価格も安く大きさは好みに合わせらるのでおススメです。
お裁縫得意なママはかわいい柄の生地で自作もいいですよね。

こちらをご覧ください。

これですね→大判 ジョイントマット
 

布製のマットは持ち運びに便利です。
実家に帰る時に持って行ったり、ピクニックなどにも使えるでしょう。

 

環境を整えたらインテリアも工夫したくなりますね。
赤ちゃんの部屋作りのインテリアのポイントはご存知ですか?

赤ちゃんの部屋作りでのインテリアのポイントは?
ママやパパが赤ちゃんと過ごす時のイメージは何色でしょうか?
そんな風に赤ちゃん用品を統一した色にするだけでとってもステキになりますよ。

 

赤ちゃんインテリアはママの気持ちが和らぐことを優先しましょう。

つまりママの好きな場所になるようにしちゃえばいいのです。

 

お部屋のインテリアとして工夫したいところに収納スペースがありますよね^^
小さな子供がいる時は特に収納重要です!

赤ちゃんの部屋作りは収納がポイント

生まれる前に用意しておく赤ちゃん用品の多さに驚いているママもいらっしゃると思います。

でも、まだこれからどんどん増えて行きますからね~!(^^;;

スポンサーリンク

と、そんな増え続ける赤ちゃん用品を収納するスペースは重要なので、容量や使い勝手、見た目を考えて作りましょう。

どこに何があるか、パパやおばあちゃんにもすぐ分かるような収納の仕方がいいですね。

 

毎日使うもの(紙おむつやガーゼ)は引き出しにしまってしまうより移動のできるかごやキャスター付きのボックスなどに入れて見せる収納にした方が使いやすいものでよ。

爪切りや綿棒のこまごましたものもまとめていつでもすぐ使えるように置いておくと良いでしょう。

 

そしてねんねの時期が過ぎたら小さいものは手の届かない場所に保管して下さい。

これポイントです。

 

さあ、ママの頭に赤ちゃんの部屋のイメージができたでしょうか。

最後に赤ちゃんの部屋作りのポイントをおさらいしておきましょう^^

赤ちゃんの部屋作りのポイント〜まとめ〜

赤ちゃんの部屋作りのポイントは

  1. 赤ちゃんの部屋は空調管理ができるところを。
  2. 赤ちゃんマットは安価で洗えるジョイントマット。
    (持ち運びも便利な布製マットがある。)
  3. インテリア選びはママの気持ちを優先して。
  4. 収納は分かりやすく使いやすいものを。

でした。

新しい命の誕生はママにとってもパパにとっても不安と期待でいっぱいだと思います。

でも、先輩や応援してくれる人もいっぱいいますからどうぞ安心して下さい。
私も元気な赤ちゃんの誕生をお祈りしていますよ^^

スポンサーリンク
「子供のやりたい事は出来るだけ何でもやらせてあげたい」とお思いですか?

もしそう思うのでしたら管理人のプロフィールをお読みください。

・時間にも心にも生活にもゆとりを持って大切な家族と一緒に過ごす方法

・未来の子供の選択肢を何百倍にもする方法

・現在の収入を毎月10〜50万円以上増やす方法

などを分かりやすくお伝えします。 

学校で教わることも大切ですが、大事なのは生きた知恵です。

プロフィール

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

「子供のやりたい事は出来るだけ何でもやらせてあげたい」とお思いですか?

もしそう思うのでしたら管理人のプロフィールをお読みください。

・時間にも心にも生活にもゆとりを持って大切な家族と一緒に過ごす方法

・未来の子供の選択肢を何百倍にもする方法

・現在の収入を毎月10〜50万円以上増やす方法

などを分かりやすくお伝えします。 

学校で教わることも大切ですが、大事なのは生きた知恵です。

プロフィール