臨月の胎動が痛い!減る!しゃっくりの原因と正しい対処法とは?

04.112016

この記事は3分で読めます

臨月になると妊婦生活もカウントダウン始まったなーと思ったりしますよね。

そんな出産直前期に胎動で痛みを感じると不安になるのも無理はありません。

 

じっさい思わぬタイミングで破水しそのまま早産することも珍しくありません。

 

ほんじゃまかのメグミさんの奥さんは突然陣痛が来てそのまま自宅で出産されたそうですよ。
メグミさんがいなかったので4歳の娘さんが取り上げたそうです^^

 

スポンサーリンク

臨月になるとつわりも大抵収まってくるものです。

それなのに胎動が痛いなんて・・。

 

 

逆に胎動が弱くなったり痙攣のようになったり・・。
定期的に繰り返す場合もありますよね。

 

あれはしゃっくりなんですが、胎児がしゃっくりを繰り返して大丈夫なのか?
心配になりますよね。

 

これから臨月の胎動の特徴と原因、対処法を全てお伝えしますので参考にされてみてください^^
それで元気な赤ちゃんを産んでくださいね〜!

 

 

 

ではます、臨月の胎動が痛いことについて見ていきましょう。

 

臨月の胎動が痛い原因と対処法

お腹が痛いほどの活発な胎動はほとんどの妊婦さんが経験します。

胎児の手や足の形が分かるほどお腹が飛び出すこともありますね。

 

こんな風に(^^;;

 

こんなになればママが「痛いー」と悲鳴を上げるのも当然のこと。

何も心配はありません。

 

でも、痛いのはそれはそれで困ります。

臨月の胎動が激しい理由はダウン症など障害が原因て本当?でお伝えしましたが、ダウン症なんて噂もありますし。

 

 

痛い時の対処法をご紹介しましょう。

  •  飛び出している部分をなでてあげる。
  •  お腹を揺らして赤ちゃんの姿勢を変えさせる。
  •  痛くて寝られない時は抱き枕を使ってみる。
  •  パパから「ママが痛がってるよ」とお腹に呼びかけてもらう。

最後の方法はちゃんと効くことがあるんですよ。

パパに自覚を持ってもらう為にもやってみましょう。

 

 

そんなふうに活発だった胎動が弱くなってくると今度はまたそれが心配の種になってくる。

これが母親なんですねー^^

 

スポンサーリンク

逆に胎動が弱くなると不安になるのも親心。

原因によっては大変なことになっている場合もあります。

254968

臨月の胎動が弱い原因は?

今まで活発だった胎動が臨月に入ってから弱くなった。

そう思うママは多いのです。

 

これが赤ちゃんの自然な行動なのかもしかして何か異常がおこっているのか見極めなければなりません。

 

時には赤ちゃんの首に臍帯がまきついて酸素不足の場合もあるのです。

 

心配になったら遠慮せず受診しましょう。

あれこれ心配すると赤ちゃんに伝わってしまうものです。

 

 

気持ち悪かったりだるかったり頭痛がある場合は

臨月に気持ち悪いし頭痛で夜眠れない!下痢などの正しい対処法をご参照ください。

 

 

ただ、赤ちゃんに異常がなくても臨月に入ると、確かに胎動が減ることは多いのですよ^^

184319

臨月に胎動が減る理由とは?

赤ちゃんに、「もうすぐ生まれましょうスイッチ」が入ると赤ちゃんの頭が下がってきて、骨盤に収まるようになります。

そうすることで赤ちゃんの動きが制限されてしまうのですね。

 

それでママには胎動が減ったと感じられるわけです。

 

 

こうして赤ちゃんも生まれる用意をして来たらパパママもいよいよ心の準備をする時ですよ。

 

まるでキックやパンチみたいな胎動だけじゃなく痙攣みたいな胎動を感じることもあるけどこれは大丈夫?というママ。

 

大丈夫ですよー!

 

臨月は胎動でしゃっくりがわかる?

赤ちゃんはおなかの中では羊水に浮かんでいます。

それでへその緒から酸素をもらっているので肺呼吸をしていないことはご存じですね。

 

 

でも、産まれたらすぐ肺呼吸をしなくてはなりません。

 

その準備として、赤ちゃんはおなかの中で「しゃっくり」をする。

そんなふうに考えられているのです。

 

大人でもしゃっくりは横隔膜の痙攣だと言われていますよね。

 

 

横隔膜は肺を動かすための大事な筋膜です。

この横隔膜をお腹の中から鍛えているなんて赤ちゃんは本当にスゴイですよねえ。

 

しゃっくりは呼吸の練習、そう捉えてください^^

 

逆子体操の効果とコツといつからいつまで治るか?も今のうちにしっかり押さえておきましょう。

 

では最後に、今回のポイントを押さえておきましょう。

173868

臨月の胎動まとめ

今回は臨月の胎動について学んできました。

 

ポイントは

 

胎動が痛い時

  • 飛び出た部分をなでる。
  • おなかを揺らす。
  • 抱き枕を使う。
  • パパに話しかけてもらう。
  1. 臨月に入って胎動が弱いと感じた時は異常なこともあるので、受診する。
  2. 臨月に入って胎動が減るのは赤ちゃんの頭が骨盤に入ったので出産が近いことが多い。
  3. 痙攣のような胎動は赤ちゃんのしゃっくりなので心配いらない。

 

でした。

 

 

胎動は妊娠中にしか体験できない貴重なできごとです。

これはママだけにしか味わえない楽しみでもあります。

 

もうすぐその痛みも懐かしい思い出になるんですよ。

 

来るべき赤ちゃんライフを想像して痛みは乗り越えていきましょう〜!

 

こちらで出産お役立ち記事をたくさん紹介しています。
出産

 

スポンサーリンク
「子供のやりたい事は出来るだけ何でもやらせてあげたい」とお思いですか?

もしそう思うのでしたら管理人のプロフィールをお読みください。

・時間にも心にも生活にもゆとりを持って大切な家族と一緒に過ごす方法

・未来の子供の選択肢を何百倍にもする方法

・現在の収入を毎月10〜50万円以上増やす方法

などを分かりやすくお伝えします。 

学校で教わることも大切ですが、大事なのは生きた知恵です。

プロフィール

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

「子供のやりたい事は出来るだけ何でもやらせてあげたい」とお思いですか?

もしそう思うのでしたら管理人のプロフィールをお読みください。

・時間にも心にも生活にもゆとりを持って大切な家族と一緒に過ごす方法

・未来の子供の選択肢を何百倍にもする方法

・現在の収入を毎月10〜50万円以上増やす方法

などを分かりやすくお伝えします。 

学校で教わることも大切ですが、大事なのは生きた知恵です。

プロフィール