共働き子育ての小学校や夏休みスケジュールのママ達の知恵

04.132016

この記事は3分で読めます

小学生の子どもを持つ共働きの親御さんの悩みは多々ありますよね。

 

その一つに小学校の下校時間の早さがあります。

頼りになるおじいちゃんやおばあちゃんも働いていたり、遠くに住んでいたり・・例えば、夏休み中の子どもの面倒は一体誰に見てもらったらよいのでしょう。

 

 

また、他のパパママはこの問題をどう乗り切ったのでしょう。

そんな悩めるママに代わって、情報を集めてみました。

 

今回は共働きで頭を悩ませやすい

  1.  学童保育外をサポートしてくれる自治体の支援
  2.  留守中の夏休みの過ごさせ方
  3.  学童を卒業してからのお留守番

についてです。

一緒に学んでいきましょう。

スポンサーリンク

共働き子育ての小学校対策

共働きのママの最初の試練が「小学校入学」だったのではないでしょうか?

 

低学年までは下校が早いので、いわゆる「鍵っ子」の時間が長くなってしまいますね。

そこで多くのママが利用するのが学童保育です。

 

地域によって差はありますが、下校時間から17時~18時まで見てくれるところが多いようです。

 

 

しかし、低学年では親の送迎が規則だったりするので間に合わないママは困ります。

そんな時は自治体が展開している「子育て援助活動支援事業」に頼りましょう。

 

全国769市区町村にある「ファミリーサポートセンター」(通称ファミサポ)で受けられる支援です。

 

何をしてくれるかというと

  1.  学童保育の送迎をしてくれます。
  2.  学童保育外の時間をカバーしてくれます。

詳しくはこちらご覧ください。


 

夏休みが難関ですよね。

 

共働き子育ての夏休みの秘策

 

せっかくの夏休み、楽しく過ごさせたいし勉強もして欲しい。

 

特に夏休みは自由研究が宿題に出ます。
夏休みの自由研究!小学生におすすめのネタ多数!をご参照ください。

 

 

学童保育が夏休みをカバーしてくれれば良いのですが内容は地域によってまちまちです。

その上、長い時間同じ子ども同士いるので、学童が嫌になる子も出てきます。

 

止むをえずお留守番をさせるパパママも実は多いのです。

 

 

そんな中でも、子どもたちに有意義な夏休みを送らせたい。

そう考えるママたちが選んだ方法は

  •  塾や習い事の夏期講習に参加
  •  祖父母や親戚の田舎への中期滞在。
  •  自治体や子供会のキャンプなどのイベントに参加。

が、ありました。

 

これらは夏休みになる前に広報などでしっかりチェックしたいですね。

スポンサーリンク

そして、学童保育も基本的に3年生で卒業します。

 

4年生からはお留守番させるご家庭もぐんと増えます。

 

治安が不安になっている現代ではどのように過ごさせたらいいのでしょうか?

f8bba2d73ae32f9e0a7ae1a7198ed14f_s

共働き子育てのスケジュールはどうしているの?

学校のある日でも暗い季節やおうちまで遠い子はファミサポを使いたいですね。

そして、おうちで過ごす時はルールを決めて守らせましょう。

 

基本は

  •  来客があっても出ない。ドアを開けない。
  •  知らない電話は出ない。
  •  火を使わない。

 

また、緊急の時の連絡場所を親以外にも設定しておくといいですね。

そしてやはりご近所さんへひと言添えておきましょう。

 

 

夏休みには

  •  早寝早起きを守る。
  •  留守番の時は友達を呼ばない。
  •  宿題など勉強時間を決める。

などご家庭に合わせたルールを加えるといいでしょう。

 

 

仕事と育児を両立してがんばっているママのお役に立ったでしょうか。

92a02953adca1d4f638e3e181e014ea1_s

共働き子育てまとめ

少子化社会と言われて長くなり、子育てを支援する方向にはなりつつあります。

しかし、育児をしながら働いているご両親たちへの支援はまだまだと言えますよね。

 

有給休暇を子どもの夏休みのためにとってあるというママも少なくないのでは?

調べていて思ったのは、一人でお留守番をしている小学生が思ったより多いことでした。

 

国の制度も重要ですが、個々の働く組織にも理解も深めてもらいたいと思います。

 

パパママがもう少し柔軟に仕事を休めたり、時短ができる社会になって欲しいですね。

 

 

ところで、スズメバチは危険ですよね。
スズメバチを退治する3つの方法!安全に駆除しよう!を押さえておきましょう。
スポンサーリンク
「子供のやりたい事は出来るだけ何でもやらせてあげたい」とお思いですか?

もしそう思うのでしたら管理人のプロフィールをお読みください。

・時間にも心にも生活にもゆとりを持って大切な家族と一緒に過ごす方法

・未来の子供の選択肢を何百倍にもする方法

・現在の収入を毎月10〜50万円以上増やす方法

などを分かりやすくお伝えします。 

学校で教わることも大切ですが、大事なのは生きた知恵です。

プロフィール

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

「子供のやりたい事は出来るだけ何でもやらせてあげたい」とお思いですか?

もしそう思うのでしたら管理人のプロフィールをお読みください。

・時間にも心にも生活にもゆとりを持って大切な家族と一緒に過ごす方法

・未来の子供の選択肢を何百倍にもする方法

・現在の収入を毎月10〜50万円以上増やす方法

などを分かりやすくお伝えします。 

学校で教わることも大切ですが、大事なのは生きた知恵です。

プロフィール