離乳食のレトルトや冷凍で初期におすすめの商品

07.042016

この記事は4分で読めます

赤ちゃんも5~6ヶ月になると離乳食を始めますよね。

新米ママはネットや本で調べたりして一生懸命になっていると思います。

 

「ごっくん期」「もぐもぐ期」「かみかみ期」など、ステージがあって大変ですね。

 

おうちで食材をこの状態にするのは手間がかかるもの。

時にはママが忙しい時や体調が思わしくない事もあるでしょう。

 

そんな時は市販のベビーフードを使ってみるのもいいですね。

 

でも、うちの子は少食みたいだし市販品はもったいないかな?

 

そう思っているママに、色々なタイプのベビーフードについてご紹介したいことがあるのです。

今回お話したいことは

  1.  ベビーフードの保存方法
  2.  初期のベビーフードのタイプは?
  3.  ベビーフードの無添加について
  4.  ベビーフードのおすすめ

の4点です。

 

では、ご一緒に見ていきましょう〜!

スポンサーリンク

離乳食やレトルトは冷凍できる?

赤ちゃんの食欲にも個人差があります。

そんな時にはレトルトのベビーフードが残るともったいないと思いますね。

 

大丈夫です。

おうちで作る離乳食同様、ベビーフードも冷凍保存ができます。

 

しかし、この場合、お口やスプーンを触れないように保存するのが安全です。

密閉されているベビーフードは封を切った時から雑菌にさらされる危険があるからです。

 

あらかじめ、冷凍する分をラップに包んで冷凍します。

 

この場合の消費期間は1週間をめどに使い切りましょう。

ちなみに冷蔵する時はレトルトではその日の内に、瓶タイプは次の日までに使い切って下さい。

 

 

レトルトや瓶タイプのベビーフードのことを書きましたが他にはどんなタイプがあるのかご紹介しておきますね。

スポンサーリンク

離乳食やレトルトは初期の頃どうしたらいい?

赤ちゃんの「ごっくん期」向けのベビーフードはレトルトより瓶詰の方が商品は多いようです。

 

レトルトや瓶詰めは手を加えず食べさせられるのが利点ですね。

その他にはお湯を加えて戻すベビーフードとして

  1.  キューブタイプ
  2.  フリーズドライタイプ
  3.  粉末タイプ

があります。

 

使いたい分だけ戻せばいいというのが利点ですね

保存をするにはこちらの方が良いかもしれません。

 

 

市販品はやはり安心安全を重視したいママも多いと思います。

次はそんなママに有機栽培食材を使った無添加ベビーフードをご紹介しましょう。

310048

離乳食は無添加がオススメ!

赤ちゃんのために有機栽培食材で無添加にこだわりたいママにおススメなのは

 

1. オイシックスのベビー商品

 

もぐもぐ期からとしてありますが、調理次第でごっくん期にも使えますね。

 

オイシックス

 

 

2. らでぃっしゅぼーやの「有機babyシリーズ」

 

ごっくん期から幼児食までカバーしています。

http://www.radishbo-ya.co.jp/shop/app/catalog/list/init?searchCategoryCode=18

 

 

3. 野菜フレークの大望

 

素材だけなのでおとなの料理にも使えます。

http://taimou.net/

 

 

「通販は少しお高いでしょ」と迷っているママには人気のメーカーをご紹介しますね。

もちろんベビーフードですから、基本は無添加ですよ。

 

乳歯の虫歯の治療と進行止め!永久歯への影響とは?

 

レトルト離乳食のオススメは?

レトルト離乳食のオススメをご紹介します。

 

1. 和光堂

 

赤ちゃんものの老舗です。

離乳食からおやつまでラインナップは豊富です。

 

トイザらス・ベビーザらス
2. キューピー

 

デザートや素材シリーズからランチBOXタイプまで全ステージ揃っています。

http://www.kewpie.co.jp/babyfood/

 

 

3. 明治

 

粉ミルクではお馴染みの明治。

レトルトタイプが充実しています。

http://catalog-p.meiji.co.jp/products/baby_mother/babyfood/

 

 

赤ちゃんのお食事デビューのサポートになったでしょうか?

 

それではもう一度ふり返っておきましょう。

乳児の便秘を母乳と綿棒の2つで簡単に解消する方法!

 

赤ちゃんの離乳食~まとめ~

今回は赤ちゃんの離乳食についてお伝えしてきました。

レトルトも色々ありましたね。

 

ポイントは以下の通り。

◎ベビーフードはラップに小分けして冷凍保存ができる。

  •  冷凍は1週間、冷蔵は封を切って、レトルトなら当日。瓶でも次の日に使い切る。

 

◎ベビーフードのタイプには

  1.  レトルトタイプ
  2.  瓶詰タイプ
  3.  キューブタイプ
  4.  フリーズドライタイプ
  5.  粉末タイプ

 

があり「ごっくん期」のレトルトは少ない。

 

◎無農薬無添加ベビーフードのおすすめ

  1.  オイシックスのベビー商品
  2.  らでぃっしゅぼーやの「有機babyシリーズ」
  3.  野菜フレークの大望

 

◎ベビーフードのおすすめメーカー

  1.  和光堂
  2.  キューピー
  3.  明治

でした。

 

離乳食は手作りでなくっちゃ・・と思いこんでいるママもいらっしゃるでしょう。

 

でも、一日中離乳食作りで格闘しているのは辛くありませんか?

 

赤ちゃんのお世話も離乳食作りも「どんと来い」というママはそれはすばらしいです。

 

でも、離乳食作りに疲れてストレスが溜まってしまうママもいると思います。

そんな時はベビーフードを利用して、肩の力を抜きましょう。

 

うちでは手作りするけど、実家に遊びに行く時はベビーフードを持って行く。

 

そういうママも多いんですよ。

 

私の場合、うちではとても作れない(勇気がない)レバーペーストを買っておりました(^^;)

おやつもそうですが、市販品を上手に使って苦しくない育児をして下さいね^^

 

<おすすめ記事>

スポンサーリンク
「子供のやりたい事は出来るだけ何でもやらせてあげたい」とお思いですか?

もしそう思うのでしたら管理人のプロフィールをお読みください。

・時間にも心にも生活にもゆとりを持って大切な家族と一緒に過ごす方法

・未来の子供の選択肢を何百倍にもする方法

・現在の収入を毎月10〜50万円以上増やす方法

などを分かりやすくお伝えします。 

学校で教わることも大切ですが、大事なのは生きた知恵です。

プロフィール

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

「子供のやりたい事は出来るだけ何でもやらせてあげたい」とお思いですか?

もしそう思うのでしたら管理人のプロフィールをお読みください。

・時間にも心にも生活にもゆとりを持って大切な家族と一緒に過ごす方法

・未来の子供の選択肢を何百倍にもする方法

・現在の収入を毎月10〜50万円以上増やす方法

などを分かりやすくお伝えします。 

学校で教わることも大切ですが、大事なのは生きた知恵です。

プロフィール