乳歯の虫歯の治療と進行止め!永久歯への影響とは?

06.282016

この記事は4分で読めます

子供の歯に虫歯があることに気づき、病院へ連れていったのですが。。。

 

歯を削るときのキーンという音を怖がってしまい、子供は歯医者恐怖症になってしまったのです。

それ以来、子供は歯医者に行きたがりません。

 

乳歯はいずれ永久歯に生え変わるから、多少の虫歯はほっといてもよいのでしょうか?

 

でも、幼少期の虫歯は親の責任ともいいますよね。

 

乳歯の虫歯について、調べていきましょう。

スポンサーリンク

乳歯の虫歯の治療方法

乳歯は、永久歯に比べると象牙質とエナメル質が柔らかく薄いです。

そのため、永久歯よりはもろく、虫歯が進行するのが早いので、親の注意が必要ですね。

赤ちゃんの歯が生える時期はいつ?

 

乳歯の虫歯治療にはどのような方法がとられているでしょうか。

1.初期の虫歯

  •  この段階では痛みやしみることを感じません。
  •  削らずに歯の溝をコーティングします。

 

2.エナメル質や象牙質に達した虫歯

  •  この段階では冷たいものがしみる子供もいるでしょう。
  •  歯は削り、白いレジンと言われるもので削った箇所を埋め込みます。

 

3.神経まで達した虫歯

  •  この段階になると痛さをひどく感じるでしょう。
  •  ひどい場合には、虫歯で歯が溶けてしまっている子もいることでしょう。
  •  ここまでくると、神経を抜いて根の治療をする必要が出てきます。
  •  症状によっては、根の治療をせず、歯自体を抜く処置をとることもあります。

歯の根の治療が必要なところまで、虫歯を悪化させるのは避けたいものです。

治療にも回数がかかるので、歯医者が嫌いな子供にとっては苦痛以外の何物でもありません。

 

 

では、乳歯の虫歯の進行を止めることはできるのでしょうか?

154174

乳歯の虫歯進行止めをする秘訣!

進行止めの薬はサホライドを塗布するという治療法が選択されるのが一般的です。

 

ただ、難点は、塗布した虫歯の部分が黒くなることです。

また、うがいができるお子さんであれば、フッ素もサホライドと併用して治療に用いられることもあります。

 

フッ素は誤飲をすると、中毒症状を起こすお子さんもいらっしゃいます。

なのでうがいができるかどうかということが判断材料になるわけです。

 

薬での治療のほかには、食習慣の改善を図ることも大切です。

 

大人の虫歯もおなじですが、甘いお菓子などは虫歯の原因になります。

小さいうちから、お菓子を食べない習慣をつけるなど食生活習慣を改善しましょう。

 

食生活の改善で、虫歯を防げるのです。

 

 

乳歯で一番虫歯ができやすいところはご存知ですか?

 

前歯が一番虫歯になりやすいといわれています。

なぜでしょうか?

スポンサーリンク

乳歯の前歯が虫歯になったら・・

乳児期は、哺乳瓶で飲み物をよく飲みますよね。

この哺乳瓶で飲み物を飲むという動作が虫歯を引き起こすのです。

 

ミルクはもちろん、スポーツドリンクを与えている母親も多いようです。

スポーツドリンクは、栄養価は高いですが、糖分も多く含まれていますよね。

 

哺乳瓶はしょっちゅう口にくわえますので、虫歯になるのも納得ですね。

 

 

前歯が虫歯になりやすいのは、わかりましたね。

 

他には、歯と歯茎の間も虫歯になりやすいようです。

親が注意してブラッシングを手伝ってあげましょう。

 

 

では、虫歯ができると永久歯にどのような影響を及ぼすでしょうか?

070304

乳歯の虫歯の永久歯への影響とは?

乳歯はいずれ生え変わるから、虫歯は特に気にしなくてもよいと思われがちだと思います。

この考え方は決してしないようにしてくださいね。

1.顎の発達

  •  乳歯が生える理由は、あごの発達を促すためということも理由の一つです
  •  虫歯があれば痛さを感じないようにするため、虫歯の歯で食べ物を食べるのを無意識に避けようとしますよね。
  •  正しく噛むことをしないと顎も正しく発達しないのです。

 

2.虫歯菌が乳歯から永久歯へ

  •  乳歯の歯根まで達した虫歯菌は、乳歯の下でスタンバっている永久歯に影響を及ぼしますよね。

 

3.歯並び

  •  虫歯が原因で、早いうちから乳歯が抜けてしまうと、両隣の乳歯が抜けた個所に動いてきます。
  •  そうなると、永久歯も正しい位置に生えずらくなりますよね。

 

4.歯の色が変色

  •  乳歯の根管治療を怠ると、そのあとに生えてくる永久歯は、歯の色が茶色く変色してます。
  •  不格好ですし、そのために差し歯に変えるのも子供がかわいそうですよね。

様々な事例を見てきて、子供の虫歯を防ぐのも親が気にしてあげるとだいぶ防げそうなことが分かりますよね。

 

改めて、乳歯が永久歯にどう影響するかをみていきましょう。

口臭の原因と対策!2つのパターンで方法が違う?

194251

まとめ

永久歯の虫歯と違い、乳歯は虫歯が発見しにくいです。

歯の溝が黄色くなったり、歯に白く斑点ができたりなどします。

1.治療について

  •  初期の虫歯は、削らないで歯のコーティングだけですみます。
  •  しかし、根管治療になるほど進行してしまうと、治療回数も増え、子供も治療が苦痛になってしまうでしょう。

 

2.虫歯進行止めについて

  •  サホライドを虫歯に塗布するのが一般的です。
  •  治療以前に、食生活を改善すること(甘いものを食べる習慣を辞めるなど)ができれば、虫歯予防につながります。

 

3.乳児の虫歯のなりやすい箇所

  •  哺乳瓶を加えるという動作から、前歯は特に虫歯になりやすい箇所です。
  •  他には歯と歯茎の間もなりやすいです。気を付けましょう。

 

4.乳歯の虫歯が永久歯へ及ぼす影響

  •  顎の発達不全、虫歯菌が永久歯へ移行してしまう、歯並びが悪くなる。
  •  歯の色が茶色くなるなどの影響を及ぼす。

ということがわかりましたね。

 

永久歯は一生ものです。

 

健康な永久歯が生えてくるためにも、虫歯のチェックを兼ねて、子供を歯の定期健診などにつれていくように心がけるといいかもしれませんね。

 

<おすすめ関連記事>

スポンサーリンク
「子供のやりたい事は出来るだけ何でもやらせてあげたい」とお思いですか?

もしそう思うのでしたら管理人のプロフィールをお読みください。

・時間にも心にも生活にもゆとりを持って大切な家族と一緒に過ごす方法

・未来の子供の選択肢を何百倍にもする方法

・現在の収入を毎月10〜50万円以上増やす方法

などを分かりやすくお伝えします。 

学校で教わることも大切ですが、大事なのは生きた知恵です。

プロフィール

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

「子供のやりたい事は出来るだけ何でもやらせてあげたい」とお思いですか?

もしそう思うのでしたら管理人のプロフィールをお読みください。

・時間にも心にも生活にもゆとりを持って大切な家族と一緒に過ごす方法

・未来の子供の選択肢を何百倍にもする方法

・現在の収入を毎月10〜50万円以上増やす方法

などを分かりやすくお伝えします。 

学校で教わることも大切ですが、大事なのは生きた知恵です。

プロフィール