Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/melodea/goodidea.okinawa/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

産後生理が少ない?再開や不順が不安なママへ

04.052016

この記事は3分で読めます

赤ちゃんを産んだママの心配事のひとつに生理の再開があります。

 

昔は、おっぱいをあげているうちは来ないと言われていましたが、今は生活環境と栄養事情がとても良くなったのでお産後2ヶ月~3か月で生理再開するママも多いようです。

 

 

でも、これはあくまで傾向です。

妊娠出産を始めとする生殖機構はホルモンの管理下にあります。

 

ホルモンはさまざまな要因で作用が変わってくるのです。

なので生理再開には、ママの環境や個人差でかなり幅ができるものです。

 

そうは言っても、生理再開が早くても遅くても心配になってしまうものですよね。
生理不順も大丈夫か?と思うのも無理はありません。

 

 

そこで、ここから生理再開とホルモンについてお知らせして悩めるママに安心してもらおうと思います。

産後の生理が少ないし早すぎる場合

ではまず、生理再開が早すぎるのではないかというママへの回答をしましょう。

 

本来生理は「エステロゲン」と「プロゲステロン」というホルモンで操作されています。

これが妊娠した時は「プロラクチン」というホルモンが出ることで生理が止まります。

 

 

産後、母乳を出すことでプロラクチンは出続けます。

それで母乳を出している間は生理が来ないことが多いと言われてきました。

 

先にもお話した通り、今は環境や栄養状態の向上で体の回復が早まり完全母乳であっても、産後まもなく生理再開する人が増えてきたのです。

なので生理が早く来た人は、体がの回復が早いことを自慢に思っていいんですよ^^

 

 

また、再開したばかりの生理は「無排卵」の場合が多いのでそのために経血量が少ない場合があります。

 

 

ただ、だらだらと続く出血や出血量の増大が見られる時は不正出血かもしれません。

産婦人科で診てもらいましょう。

 

あまり神経質になる必要はないですよ。

育児ノイローゼの症状診断と対処法やなりやすい人の特徴とは?もご参照ください^^

 

逆になかなか本格的に再開しないのはなぜでしょうか?

60490fd4a3ae114b77ff7f8ec54c14ac_s

産後生理が再開しない理由

産後すぐに授乳すると、授乳を促すホルモンも「プロラクチン」です。

 

プロラクチンは妊娠を用意する(生理)ホルモンを抑制するので基本的に生理は抑えられることになります。

 

そういう事から、授乳が頻回なうちは生理が来なくても問題はありません。

 

 

忙しい育児の間は生理なんてない方がいいと思ってるママも案外いるのでは?

それでも時には、再開後初めての排卵で妊娠するという事もあります。

 

思い当ることがあれば、検査薬や受診して確かめましょう。

 

 

そして、卒乳してからも長期間来ない場合は地域の保健師さんや産婦人科に相談ることをおすすめします。

不安に思っている事が良くないですからね。

 

 

また、再開したとしても生理不順になることもあります。
これは気になりますよね。

3c00936cf4b40e27e8c44c8cf121c0a3_s

産後生理が不順な理由

赤ちゃんを産んだことのあるなしに関わらず生理周期はひとそれぞれです。
「私は28日ぴったり」という人もあれば「私は毎月2~3日遅れて来る」という人もいると思います。

 

実はこれは精神的ストレスでずいぶん影響が出るもので、一週間以内のズレなら問題はないと見ていいでしょう。

戦争時代は「空襲が激しくなって生理が止まってしまった」そんな話がざらにあったそうです。

 

 

現代のママはひとりで24時間育児をしなければならないこともありますね。

それがホルモンのバランスを狂わせて結果的に整理が不順になりやすいと考えられます。

 

 

生理の時はその経血量が気になるママもいますよね。

c8e550d3330b9100ccdb38a2e9869ac5_s

産後生理の量が気になる?

生理の時の経血ってなんでしょう。

子宮で用意をしたけど、古くなって(ひと月たって)いらなくなった胎盤の素ですね。

 

これにも個人差があります。

ホルモンが少なかった時は「素」も少ないでしょう。

あまり少ない時は無排卵の可能性もあります。

 

 

たとえ個人差でも経血量が多いと貧血にもなりかねません。

そういう時には産婦人科を受診してホルモンバランスを診てもらうといいでしょう。

 

 

それではここまでのおさらいです。

 

産後生理の再開や不順のまとめ

今回は産後の生理についての不安を拭えればと詳しくお伝えしてきました。

ポイントは以下の通りです。

 

1. 産後の整理が早くて少ない場合
産後は体の回復が早い人は生理も早いと思われる。

プロラクチンの影響で経血量は少ないことが多い。

少量でもだらだら続く場合は産婦人科へ。

 

 

2. 産後の整理が来ない場合:授乳をしている間は来なくても問題はない。
妊娠している可能性。育児ストレスと疲れで、生理が遅れている事もある。

 

 

3. 産後の生理不順は?
これも育児ストレスに関連している事があるが一週間以上ずれてなければ問題はない。

 

4. 経血量について
多すぎも少なすぎもホルモンバランスの崩れが考えられるので産婦人科で診てもらう。

 

 

女性にとって生理の状態は健康のバロメータと言えます。

 

何か違うなと思った時は基礎体温をつけることをお勧めします。

これは結婚していなくても、つけていると何かと役に立つものですよ。

 

 

自分の状態をよく知って、快適な育児ライフに役立てて下さいね。

 

ところで、最近見つけたこれおすすめです。
エイデンアンドアネイおくるみの使い方や巻き方!人気柄はどれ?

「子供のやりたい事は出来るだけ何でもやらせてあげたい」とお思いですか?

もしそう思うのでしたら管理人のプロフィールをお読みください。

・時間にも心にも生活にもゆとりを持って大切な家族と一緒に過ごす方法

・未来の子供の選択肢を何百倍にもする方法

・現在の収入を毎月10〜50万円以上増やす方法

などを分かりやすくお伝えします。 

学校で教わることも大切ですが、大事なのは生きた知恵です。

プロフィール

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

「子供のやりたい事は出来るだけ何でもやらせてあげたい」とお思いですか?

もしそう思うのでしたら管理人のプロフィールをお読みください。

・時間にも心にも生活にもゆとりを持って大切な家族と一緒に過ごす方法

・未来の子供の選択肢を何百倍にもする方法

・現在の収入を毎月10〜50万円以上増やす方法

などを分かりやすくお伝えします。 

学校で教わることも大切ですが、大事なのは生きた知恵です。

プロフィール